カーリース,ローン

カーリースとローン購入の違いって?

カーリース,ローン

カーリースとカーローンって何が違うのでしょうか?両方とも好きな車に乗れると言う点に関しては共通していますが、異なる点もあります。簡単に解説しておきましょう。

 

所有権

一番の大きな違いは、この所有権です。ご自身で購入した車は、もちろんのこと所有権も自身となります。ですが、自由にあたかも自分の車の様に乗り回すことのできるカーリースの所有権は、リース会社にあります。そのため、どれだけお金を払い続けても自分の車になることは当然ありません。これは一見デメリットのように感じるかもしれませんが、逆に考えるとメリットとも言えます。

 

所有権がないと言うことは、税金を納める義務も、保険費用を支払う必要もないと言うことです。ですから、カーリースの場合、そうした費用はリース会社で支払うのが一般的となっています。車検やメンテナンスなども所有者の義務と言えるため、こうしたメンテナンスを含めてリース料金を設定しているのが普通です。借り手側はすべての費用が含まれている毎月のリース代を支払うだけで、安心して車に乗ることができると言うわけです。

 

ランニングコスト

ローンで車を購入する場合、毎月の返済額の他に、自動車税や車検、自動車保険などの多額の費用が必要です。リースプランによっては、これらの費用を支払う必要ない場合もあるため、大きく異なる点と言えるでしょう。その他のガソリン代などは双方とも掛かってくることになりますが、最低限の費用で車に乗れることがカーリース最大の特徴と言えるでしょう。

 

支払満了後、契約満了後の対応

ローン購入の場合、返済後は自分自身の所有物となりますので、自由に管理できます。反対にリースの場合、契約満了となったら、次の選択肢の中から選ぶことができます。

  1. 再リース契約(新しく契約を交わし、新車に乗り換え)
  2. リース期間の延長(今の車の契約期間を延ばす)
  3. 買い取り(残存価格を支払い、今まで乗った車を購入する)
  4. 契約終了(車を返す手続きをする)

 

カーリースは、月々ローンと同じ金額、もしくはそれ相応の金額で、次々と新しい車に乗れることも大きな魅力と言えるでしょう。自分にはどちらのスタイルが合っているのか、よく検討した上でリースもしくはローンを選択してみましょう。

 



リースのメリット どんな車に乗れる? ローン購入との違い レンタカーとの違い おすすめカーリース