カーリース,契約

カーリースの契約内容は?

カーリース,契約

カーリースは、借りる前に必ず契約を交わして借りることになります。あらかじめ乗り始める前に一定条件を満たすことを約束するものですので、リースの特徴でもあるこの契約内容は、大まかに理解しておくといいでしょう。

 

契約期間

一番に決めなくてはいけないのが、車種と共にこの契約期間になります。通常3年、5年、7年と言ったプランが用意されていますので、自分の希望するプランを選んでいきましょう。

 

走行距離

契約期間の他に契約内容として用意されているのが、この走行距離です。ライフスタイルによって選択できるのが一般的となっており、それがプランに反映されます。毎月走る距離を目安にして始めに契約距離を決める必要があります。月間1,000キロ、1,500キロ等決められた距離の中から、契約する内容を決めていきます。街乗りなどが主となる場合、走行距離の少ないプランを選んでみると良いでしょう。

 

査定評価

契約内容には、リース期間が終了した時の料金についての記載があります。注目していただきたいのが、この時の査定額です。一般的に、(財)日本自動車査定協会基準などに基づき判断されることになりますが、この基準値から減点される車の外装、内装部分がある場合、その差額分を請求される旨が契約書に記載されています。もちろん、3年と言った契約期間を見越した査定額をあらかじめ想定していますので、特別な評価減点がない場合は、支払金は発生しません。

 

ですが、事故や修理歴などがある場合は当然ながら、査定額が下がり、その差額分の支払いが必要になってきます。事故を起こすか否かは、誰もが予測できないものですから、カーリースを借りる場合の最大の注意点と言えるでしょう。

 

各リース会社によって契約内容は、若干ですが異なってきます。契約内容なども踏まえて、カーリースを検討する時には、リース会社を選んでみるといいでしょう。

 



リースのメリット どんな車に乗れる? ローン購入との違い レンタカーとの違い おすすめカーリース