カーリース,乗り換え

カーリースを途中で乗り換えたくなったらどうする?

カーリース,乗り換え

カーリースは、ある一定期間を設け、契約するシステムとなっています。そのため、自分で違う車に乗りたくなったから等の理由で、契約を途中で解約することは基本的には出来ません。

 

契約期間はその内容にもよりますが、3年、5年、7年と契約を交わすことになります。もしも、途中で解約したい、違う車に乗りたい等と気が変わる可能性がある場合は、できるだけ短い契約期間を選択した方が無難と言えるでしょう。

 

中途解約できたとしても

中途解約は、リース会社と個人の間で合意したうえで、解約できることになります。そのため、リース会社で解約のOKが出た場合に限り、中途解約が認められます。

 

ですが、この中途解約では、ほとんどの場合リース契約期間に支払うべき料金をすべて支払う必要が出てきます。一定期間毎月リース料金をすでに支払っているので、この時に支払う金額は、契約内に支払うべきリース料金から、すでに払い込んだリース料金を差し引いた金額を支払うことになります。

 

長い契約期間を設けている場合、この中途解約時に支払うべき金額も大きくなるので、注意が必要と言えるでしょう。

 

中途解約が認められるケース

前述したとおり、基本的には中途解約は認められませんが、ケースによっては中途解約となるケースがあります。
それは、リース期間内に大きな事故を起こしてしまい、修理が不可能な場合と車が盗難にあった場合です。
こうしたケースの場合、たとえリース期間であったとしても、実際に車に乗ることができないため、例外として中途解約がほとんどのリース会社で認められています。

 

コスモスマートビークル乗り換えプランは、リース期間中でも新車に乗り換えが出来ます。

 

【スマートビークル乗り換えプラン】詳細はこちら>>

 

 



リースのメリット どんな車に乗れる? ローン購入との違い レンタカーとの違い おすすめカーリース