カーリース車で事故を起こしたらどうなる?

カーリース車で事故を起こしたらどうなる?

カーリース,事故

カーリースの場合、一番心配な点が事故を起こした時の対処ではないでしょうか?事故を起こしてからこんなはずではなかったとならないよう、事故を起こした時どうなるのかしっかり理解しておきましょう。

 

事故の修理について

事故の状態にもよりますが、万が一事故を起こしてしまった場合、基本的に自分自身での修理が必要になってきます。ですが、リース車の場合、リース契約時に自動車保険に加入することが条件となっていますので、その保険内容の範囲においての保証を受けることができます。

 

大抵は、車両保険に加入しておくことが必須となっていますので、事故を起した自分の車の修理費用も、その保険から全額賄われることになっています。

 

修理ができない場合

大きな事故を起こしてしまった場合、時には修理不可能な状態になってしまうこともあるでしょう。そうした場合、途中解約扱いとなることがあります。

 

車両を運転することができなくなるわけですから、やむを得ず解約の手続きが必要になってきます。ですが、契約期間内に掛かるべき費用の支払いの義務が発生してきます。

 

各リース会社によって、こうした場合の中途解約手続きは異なりますので、まずは担当窓口に相談してみましょう。その上で、途中解約金の料金を確認してみましょう。

 

残存価格が下がる

カーリースの場合、万が一の事故が一番のネックと言えます。例え綺麗に修理できたとしても、事故車となると契約満了時の査定額は下がることになりますから、契約満了後負担する費用が多くなることは間違いないと言えるでしょう。

 

もちろん事故したら、自分自身で車を購入した場合でも、負担する金額が増え、売却金額が下がりますので、致し方ない部分と言えます。ですが、保険で賄われることが前提となっていますので、契約期間内であれば、月々のリース料金の他に支払う金額が発生することはありません。

 

リースで車を乗る場合でも、安心して利用できるよう配慮されているので、特に事故を起こしたからと言って心配する必要はありません。

 

万が一の事故対応が心配なら、日本全国のコスモ石油サービスステーションが利用できる、「コスモ石油スマート ビークル」なら安心です。

 

コスモ石油スマート ビークルはコチラ>>

 

 



リースのメリット どんな車に乗れる? ローン購入との違い レンタカーとの違い おすすめカーリース